作曲の学習と同じくDTMを学ぶべきなのか?

ここ数年で作曲の代名詞とも言える存在となってしまった「DTM」ですが、作曲の勉強をするにあたって、やはりDTMについてもあわせて学んだ方がいいのでしょうか?

こちらでは、そんなことについて少し考えてみます。

DTMの役割

「DTM」は「通らなければならない道」?

DTM(デスクトップミュージック)とはPCやスマホを使った音楽制作の総称です。

大体2005年以降に一般にも浸透し始めて、いまでは「作曲」=「DTM」と考える人もいるくらいです。

それでは作曲を志すみなさんにとってDTMとは「通らなければいけない道」なのでしょうか?

その答えは、「やりたい音楽による」となります。

DTMで曲を整える

DTMによる音楽制作は「音楽を聴くことのできる状態にする作業」であると言い換えることができます。

作曲、というよりは「編曲」に近い作業です。

例えば「ラララ~」と歌ったメロディの背景で「〇〇な感じでドラムが鳴っていて」とか「〇〇な雰囲気のコーラスが付いていて」などを表現するために活用するものです。

難しい説明は省きますが、実際に理想とする音やフレーズをその通り録音して、その「ラララ~」のメロディと共に音源として聴くことができます。

そのDTMで実現できる「編曲」は「作曲」とは微妙に違うもので、それぞれは「作曲=曲を作る作業」「編曲=曲を整える作業」というように定義することができます。

「編曲」が「作曲」を兼ねる

でもここで混同してしまうのが「編曲を兼ねた作曲」がある、ということ。

例えばクラシックなどは、楽器の編成により「ここでバイオリンがこんなフレーズを弾いて」「その次にフルートがこんな感じで」という楽器の演奏の流れそのものが曲である、と言えます。

最近のEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)と言われるクラブ系のサウンドも、音の鳴り方が曲そのものを表しています。

一方で、多くの人がイメージすることができる「ボーカルのある曲」、いわゆるポップスやロックは一般的に「作曲」と「編曲」を分けて考えます

「作曲」=「曲を作る作業」では「メロディ」と「コード」が検討されます。

そして「編曲」=「曲を整える作業」では、「それらをどんな風に演奏するか」ということが検討されます。

例えば「『ラララ~』というメロディの背景に『C』というコードが必要!」ということを作曲で考え、それとは別に「それをピアノによって表現しよう!」ということが考えられる、ということです。

結局のところDTMは必要なのか?

まずは後回しで良い

冒頭の質問に話を戻すと、DTMは既に述べた通り「編曲」を実現するためのツールであるため、ポップスやロックなどの「ボーカルのある曲」を作りたいみなさんにとってはひとまず後回しでも良いもの、となります。

「DTMは通るべき道なのか?」という問いに「やりたい音楽による」とお答えしたのはそういった理由からです。

※これが「EDMを作りたい」となると、また違った話になってきます…。

みなさんがまず覚えるべき(やるべき)ことは「作曲」であって、「それをどんな風に演奏するのか?」ということ(=編曲)は曲が出来てから考えればいいのです。

もちろん、「曲の仕上がりを考慮しながら作曲をしていきたい」という気持ちを持つのは悪いことではないです。

でも、「作曲初心者」という、やることの多い段階において「DTMも覚えなきゃだめなのか。。」となると作業の負担が大きいですよね。

そういった意味で、ここは思い切って「DTMは作曲に慣れてから覚える」として対処してしまっても構わないと思います。

DTMはPCやスマホ上でソフトを操作することでもあるので「DTMを覚えなくてもいい」と割り切るだけで気持ちが楽になるひとも多いはずです(笑)。

まとめ

ここまで「作曲の学習と同じくDTMを学ぶべきなのか?」ということについて考えてきました。

「作曲」と「編曲」は似ているようで違うもの、また違うようで結構関連性のあるものです。

個人的には、まずは作曲をしっかりと覚えてから、その知識をベースとして編曲を覚えたほうがよりスムーズだと考えています。

初心者のみなさんはまず「メロディ」と「コード」による根本的な作曲技術を学ぶことに集中して、そこからより発展的にDTMを学ぶような流れをぜひ検討してみて下さい。