先生紹介

先生について詳しくご紹介しています。

先生が作曲した楽曲のデモ音源も下記に掲載していますので、是非ご試聴ください。

プロフィール



内山敦支(うちやまあつし)
1977年8月9日生まれ
静岡市出身、千葉県在住
作曲歴25年、先生歴8年

ポップス・ロックを専門とする作曲の先生です。

これまで、対面・オンラインを通して100人以上の人に作曲や音楽を教えてきました。

好きなアーティストはビートルズ、スティービー・ワンダー、サザン、ミスチルなど多数。

好きなものはコーヒー、あとは犬が好きで、特に好きなのが柴犬です。街で柴犬を見かけると反応します。

教室開始までの経緯

高校一年から独学で作曲を始め、その後、上京してソロ/ユニットでのライブ活動・インディーズレーベルからのシングルリリース・ラジオ/イベント出演などを行ってきました。

私自身、ひととき音楽活動に行き詰まってしまい毎日を落ち込んだ気分で過ごしていた時期があったのですが、そんな時に自分を救ってくれたのが「音楽を学ぶ」ということでした。

もう一度真剣に音楽に向き合おうと決意し、作曲の方法論や音楽理論を学び直したり、既存の楽曲を分析することで「作曲・音楽とは何か?」ということを改めて習得していきました。

結果的に音楽の楽しさを改めて感じることができるようになって、もう一度自分自身の音楽活動を復活させることができたのです。


その後、「当時の自分と同じようなみなさんの役に立ちたい」という思いから、持っていた知識や経験をブログとしてWebサイトに公開しはじめます。

それを発展させる形でWebサイト「作曲カウンセリング」を開設し、YouTubeへの作曲講座動画公開を経て、2011年に作曲教室をスタートさせました。

今も根底にあるのは、当時と変わらない思いです。

作曲を学ぶことで音楽の楽しさを感じてもらい、それを経て前向きに楽しく毎日を送ってもらいたい、という想いを持って日々のレッスンを行っています。

レッスンをお考えの方へ向けたごあいさつ



作曲への取り組み方に「こうやるべき」という正解はありません。

アーティストとして独自の道を追求していくことももちろん素晴らしいのですが、やはり「基礎的な知識や技術が身についているか」という点は長い目で見て重要です。

感覚だけで音楽に取り組んでいると、いつか限界が来ます。これは私自身も経験していることです。

そんな中で、私がこれまで25年以上作曲をしてきたことで得た知識や経験をもとに上達のための道筋ややるべきことを示せば、これから引き続き作曲や音楽を楽しんでいきたいみなさんの最良のパートナーになれるはずです。

また当教室は「ボーカル曲の作曲」に特化しているため、そのレッスン内容はギターで自作曲を弾き語りしたりバンドで自分たちのオリジナル曲を演奏したりしたいみなさんにとって特にお役立ていただけるものとなっております。

個人教室という特性を活かして柔軟な姿勢を忘れず、丁寧なレッスンを心掛けていきます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。お話しできることを楽しみにしております。

うちやま作曲個人教室 内山敦支

主な活動歴

リリース 「指先の風景/不思議なめぐりあい」(インディーズシングル)
ラジオ 「みやざわの愛はとまらない」(FMりべーる)
「電撃TAMAGO」(FM甲府)
坂本龍一ラジオ「RADIO SAKAMOTO」作品オンエア
つのだ☆ひろプロデュース「Vocal Show Case」出演

サンプル音源

音源は以下よりご試聴ください。
(『朝』 作詞作曲:内山敦支)


作曲講座動画

YouTubeのチャンネルにて、作曲のやり方やコツを解説しています。
YouTube: 作曲講座

先生に質問

Q:教室をやっていて嬉しいと感じる時は?

  • みなさんの成長が感じられた時です。

Q:偉大だと思う作曲家は?

  • ポール・マッカートニー、スティービー・ワンダー、サザンの桑田さんなどです。

Q:趣味は?

  • 街歩きとCDアルバム探索です。数年前に登山も始めました。

うちやま作曲個人教室では、随時体験レッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。