音楽系専門学校や音楽大学に行けば作曲のスキルは身に付く?

「作曲を学習しよう」と考えるときに思いつくのは「音楽の専門学校や音楽大学に行く」という方法です。

実際のところこれらの方法にはどの程度の効果があるものなのでしょうか?

結局自分次第

最高の環境

音楽の専門学校や音楽大学など、音楽教育を専門に教えている場所に身をおくことで自分自身の作曲レベルを向上させようと考える方は沢山いるはずです。

その際に1つだけ言えるのは「上達するかしないかはその人次第である」ということ。

上記のような音楽教育機関には、文字通り音楽のスペシャリストたちが講師として集まっています。

また機材やスタジオなどの設備も揃っており、特に楽器の演奏技術を向上させるためにはこの上ない環境と言えるかもしれません。

それは作曲の学習においても同じです。

作曲の基礎的な技術や音楽理論、コツなどをそういった講師の方から直接学ぶことができたり、作った曲に対してアドバイスをもらうこともできます。

自分と同じように作曲を志す人たちが集まっている、というのも音楽学校のメリットで、仲間の作品や活動は自分自身の作曲活動への大きな刺激になります。

能動的な姿勢が必要

このような環境がありながら、冒頭で「上達するかしないかはその人次第である」とお伝えしたのは、結局のところ「その環境を生かすも殺すも自分次第」だということです。

決められたカリキュラムに沿って授業を受けていても、うわの空でその話を聞いていれば知識は身に付きませんし、なんとなくレッスンを受けてそれで終わりとしていたら、いつまでたっても技術は向上しないでしょう。

やはり、そこにはレッスンを自宅に持ち帰りそれを噛み砕いて自分の作品に活用する、という「自学の姿勢」が求められるわけです。

「夢のような学校」はあるか?

もちろん、世の中には様々なタイプの音楽専門学校や音楽大学が存在しています。

学校によっては、なんとなく授業を受けていても自動的に作曲レベルが向上していくようなカリキュラムが組まれているところも、もしかしたらあるかもしれません。

本人にそこまでやる気がなくても勝手に名曲を生み出す技術が身に付くような…。

やっぱりそんな夢のような学校はないですね(笑)。

これは厳しい現実ですが、やはり結局のところ「本人のやる気次第」なのです。

(余談)私のレッスンも同じです

学ぶ姿勢が無いとやはり上達しません…。

これは私のレッスンにおいても同じく言えることですが、「レッスンを受けるだけで作曲の技術が向上する」という事はほぼありません

そこには「前向きな姿勢を持って自分なりに考え作曲を頻繁に繰り返せば」という条件が付きます。

その姿勢がなければ、いろいろな知識や技術は「へ~そうなんだ」という程度のもので終わってしまうはずです。

まとめ

ここまでを踏まえると、一人ですべてをこなせる人は結局のところ「独学で作曲を覚えた方が無駄な費用がかからずに済む」ということになります。

反面で、既に述べたとおり音楽教育を提供している学校にはそれを教える専門家がいて、同じように作曲を学びたいという熱意を持つ仲間もいます。

このことから、自分一人で調べながら、自分一人の力だけで作曲の知識を深めていくことが難しいという方は音楽学校に身をおくことで少なからず成果が得られるはずです。

一人の力では理解できなかったことも、人から教えられることで意外とすんなり理解できるものです。

また先生や仲間がいることで、孤独な気持ちを抱えずに済むということも利点と言えるかもしれません。

「在籍するだけで自動的に作曲が上手くなる」という都合の良い学校は無いと諦めて、上記のような視点から学校選びを検討してみて下さい。