レッスン内容・環境

レッスン内容について

レッスンは「作曲の上達に欠かせない5つの柱」の概念をもとに行われます。

作曲の上達に欠かせない5つの柱

  1. 曲作りの実践
  2. 曲分析の実践
  3. 音楽理論の習得
  4. 作曲方法論の習得
  5. 曲を沢山聴く
この中から、1~4についてレッスンで扱っていきます。

1. 曲作り

曲を作るほど作曲は上手くなります。

曲のチェック、アドバイスなど、全面的にバックアップします。

2. 曲分析

曲分析により「曲とは何か?」が理解できるようになります。

その「分析力」をオリジナル曲制作に活かしていきます。

3. 音楽理論

理論を覚えることで、曲作りが楽になります。

実用的な理論から優先して、段階的に習得します。

4. 作曲方法論

方法論も、理論と同じく作曲を楽にします。

初歩的な内容から取り組んでいきます。
MEMO
ご希望に合わせ個別でレッスン内容を組み立てます。

レッスン環境(オンラインレッスン)について

レッスンの受け方イメージ

レッスンはすべてインターネットを介して、Skype(スカイプ)等を使って実施します。

レッスン実施にあたり、以下の設備をご用意いただいております。
ご用意いただくもの
  • Skype(スカイプ)ソフト
  • インターネット環境
  • マイク ※PC利用の場合
  • Webカメラ ※PC利用の場合
スマホ・タブレットからのレッスンも可能です。
※ネット通信費、設備費はご自身にてご負担いただいております。
※ご不明点については、こちらより随時お問い合わせください。

レッスン中の画面イメージ

上記以外にも、レッスンではインターネットを活用していきます。
オンラインレッスンの時代
現在ではあらゆる学びの分野でオンラインレッスンが行われるようになっています

今後、このスタイルはより一般的になっていくはずです。

よくある質問(レッスン環境について)

可能です。スマホを使ったレッスンの方がセッティングが簡単なため、安定した通信が可能な場合にはそちらを推奨しています。
スマホやタブレットを使用してレッスンを行う際には既にカメラ・マイクが内蔵されているため、ご用意いただくのは「インターネット回線」「Skypeソフト」のみとなります。

PCからのレッスンの場合、「インターネット回線」「Skypeソフト」「カメラ」「マイク」等が必要となります。
可能です。その際、教室側の映像は常に映した状態でレッスンを行います。

教室側からそちらの状況が見れない状態でのレッスンとなりますので、その旨をご理解ください。
ビデオ通話の場合、おおむね1.5GB~2GB程度かそれ以下、音声通話のみの場合500MB程度となります。

※通信量は通信環境や通信時間によって増減します。